福岡市中央区平尾 西鉄平尾駅ビル3階 平尾駅眼科クリニック sitemap[サイトマップ]   リンク
 
西鉄平尾駅3階 西鉄平尾メディカルセンター


目の病気について

詳細は病名をクリックしてください。

遠視・近視


   

遠視・近視

遠視や近視は、目の屈折異常です。ものがぼやけて見えるために、そのままでは仕事や学業に影響が出てきます。特に小さい子どもの場合は、近視になっているのがわからないことが多いので、周囲で注意する必要があります。
現代の生活は、テレビやパソコン、ゲームなど、目に大変負担のかかる環境となっています。普段から、適度に目を休ませたり、照明や読書の姿勢に気をつけるなどして、目の健康に十分な注意を払っていきましょう。



乱視


   

乱視

乱視は、角膜や眼球の歪みが原因となって起こる屈折異常です。遠い近いの距離に関係なく、ものがにじんだりぼやけて見えます。
近視や遠視に比べて見つけにくく、放置されることが多いようです。しかし、文字が見えにくいと、ビジネスや学業に影響が出ます。また、交通信号や電光掲示板の文字を読み違えると事故にもつながりかねません。
自覚症状があったら早めに眼科に相談して、乱視用の眼鏡やコンタクトレンズで矯正をしましょう。



結膜炎


   

結膜炎

白目やまぶたの裏側が充血したり、ブツブツができることがあります。目やにやかゆみ、まぶたが腫れるなどの症状が出たら結膜炎の可能性がありますから、すぐ受診しましょう。
結膜炎には、細菌、ウイルス、アレルギー物質など、いろいろな原因がありますが、ウイルスによる結膜炎は伝染力が強く、特効薬もありませんから特に注意が必要です。ウイルスの種類によって、流行性角結膜炎(はやり目)、咽頭結膜炎(プール熱)、急性出血性結膜炎と種類があります。
アレルギー物質によって起こる結膜炎は、ハウスダストや花粉などが要因です。細菌では、特に花粉によるアレルギー性結膜炎が花粉症として大変多くの人を悩ませています。



角膜炎


   

角膜炎

黒目の部分は、角膜といって、外の光を目の中に導く窓であり、水晶体と並んでレンズの役割を果たしている組織です。ここから入った光が網膜の上で像を結 ぶことで、初めてものが見えるのです。透明な角膜が濁ったり、変形を起せば、視力には大きな影響を及ぼすことになります。細菌やウイルス、カビの一種の真 菌などが感染して、この黒目の部分に炎症が起こる病気を角膜炎といいます。
角膜炎は、眼の病気の中では進行も早く、最悪の場合失明につながることすらある病気です。眼科にかかるのが遅れると、治っても再発したり、視力の低下が 起こったりしますので、目の痛みや目ヤニ、充血などを感じたら早めに受診を。また角膜炎はコンタクトレンズの不具合からも起こりますので、コンタクトレン ズは適切な使用を心がけましょう。



結膜下出血


   

結膜下出血

白目にべったりと赤い血が広がる結膜下出血は、みなさん大変驚いて眼科にいらっしゃいます。すぐ引くから心配がないと言うと、「こんなに赤いのに」とまた驚かれます。たいていの結膜下出血は1~2週間で自然に吸収されますから大丈夫です。
ただ、なんども繰り返したり、なかなか赤みが引かない場合は相談してください。結膜炎や糖尿病、麻疹(はしか)など内科の病気が原因となっていることもあるので、その場合は原因の病気をきちんと治療してください。
また、通常の結膜下出血は、痛みやかゆみ、見えにくいなどの症状を伴いません。これらの症状を自覚したら受診してください。



花粉症


   

花粉症

花粉症の苦しさは患者さんしかわかりません。あまりの目のかゆみに、「目を取り出して洗いたい」とおっしゃる患者さんもいたくらいです。今や春先の眼科(耳鼻科もそうですが)待合室は、目を赤く花をグスグスいわせた患者さんでいっぱいです。
目のかゆみは、アレルギー性の結膜炎です。まぶたの裏側と白目の表面をカバーする結膜は、いつも涙で濡れているので、花粉がつきやすくなっているのです。食生活や自動車排ガスとの関連もささやかれる花粉症は、今や国民病ともいえる病気です。
抗アレルギー薬での治療が主になりますが、外出時に眼鏡やマスクをつけたり、帰宅時に衣服をはたいたりして花粉を家庭に入れないことも効果があります。さらに睡眠を十分にとり、バランスのよい食生活を心がけるなど、アレルギー体質の改善を図る工夫も必要です。



霰粒腫


   

霰粒腫

目の表面はいつでも涙でカバーされています。この涙がすぐに乾燥してしまわないように、涙の表面は微量の脂でおおわれています。この脂を分泌するのがマイボーム腺という、まぶたの中にある組織です。この脂がの出口がふさがってしまうと、痛みや充血がないまま、まぶたがゴロゴロするする肉芽種ができます。これが霰粒腫です。細菌感染ではないのですが、ごろごろができてから細菌に感染して化膿することもあります。自然に治る場合がほとんどで心配はいりませんが、高齢者の場合は、まれにまぶたのガンがありますので注意してください。



麦粒腫(ものもらい)


   

麦粒腫(ものもらい)

「ものもらい」、地方によっては「めばちこ」と呼ばれて知られています。病気としては麦粒腫という名前で、まぶたの脂腺や毛根に細菌が感染して、炎症を起す状態をいいます。目が充血し、痛み・かゆみがありますから、つい手で目をこすってしまいそうですが、これが要注意。症状を悪化させますから、こすってはいけません。
自然に治ってしまうことが多いのですが、化膿が進むと切開したほうがいいこともあります。それから感染症ですから抗生物質を使うと治りも早いので、どちらにしても眼科に気軽に相談してみてください。



糖尿病網膜症


   

糖尿病網膜症

糖尿病にはさまざまな合併症がありますが、中でもやっかいで多発するのが、糖尿病網膜症です。糖尿病が原因となって、目の中の網膜にある血管が動脈硬化を起して出血するようになる病気です。
硝子体の中にまで出血するようになると、視力の低下として自覚されますが、それまでは症状がないため発症になかなか気がつきません。第一、糖尿病自体が自覚の少ない病気です。
とはいえ、眼底検査で網膜の異常は発見されますから、定期的な検査を行うことです。血糖値の高い人はなおさらです。日本の中途失明原因の第二位は、この糖尿病網膜症です。きちんとした治療をすれば進行は抑えられますから、眼底検査を忘れないようにしましょう。



ドライアイ


   

ドライアイ

なんと日本には1000万人のドライアイ患者がいるといわれています。どんな職種も、パソコンのモニタを見つめる時間がかなり多くなって、目を酷使している状態です。ところが、ほとんどの人は軽い疲れ目と思って眼科医にかかりません。ドライアイが原因となって、もっと深刻な目の病気を招くこともあります。
軽く考えずに、異物感やまぶしさ、目の痛みを感じたらドライアイを疑って、気軽に眼科医にかかることをお奨めします。パソコン作業時には、定期的な休息で目を休めて、大切な目を酷使しないように気をつけましょう。



白内障


   

白内障

昔から「しろそこひ」と呼ばれて、年をとってだんだん目が見えなくなる病気でした。進行すると外から、黒目が白く濁っているのがわかります。個人差はありますが、加齢とともに誰でも起こる避けられない現象で、80歳代になるとほとんどの人に白内障の症状が見られます。
目がかすんだり、まぶしく感じるのが主な症状ですから、サングラスをかけたりの工夫はできます。また、目薬で進行を遅らせることはできますが、白内障を治す薬はありません。生活が不便で困ると感じるようになったら、濁った水晶体をとりだして眼内レンズを入れる手術が一般的です。人工のレンズを入れる手術を行います。
目の手術というと、怖がる方が多いですが、最近の白内障手術はとても安全なものになっていますから、安心して相談してみてください。



緑内障


   

緑内障

緑内障は「あおそこひ」と呼ばれていた病気で、高齢者の失明の大きな原因でした。今でも、病気に気がつかなかったり、気がついても放置していると、失明に至ることもあります。
全国には 200 万人の緑内障患者がいるといわれますが、その多くが症状に気付いていません。早期発見で、治療をすれば進行を止められる病気なので、目の定期健診を欠かさないようにしましょう。
緑内障の治療は、薬剤の使用で眼圧を下げて一定の状態にコントロールするのが一般的です。薬以外にも、水分を過剰に摂らない、カフェインやタバコを控えるなど、眼圧を上げない日常生活の工夫もあります。緑内障との付き合い方を知って治療していきましょう。



飛蚊症


   

飛蚊症

青空や白い壁をみていると、目の前にゴミか虫のようなものがぼんやり見えて、目をこすっても消えない…こんな体験は誰でも一度くらいはあると思います。それが飛蚊症です。
原因は眼球の中の硝子体に生じた濁りが、網膜に写ってみえるのです。硝子体には元々多少の濁りがありますし、また、加齢とともに濁りは生じてきます。このような生理的飛蚊症は心配がありません。
ただし、網膜剥離や網膜穿孔が原因となって飛蚊症がおきることもありますから、高齢者の方、糖尿病や高血圧の方は軽く考えず受診してください。



眼精疲労・VDT症候群


   

眼精疲労・VDT症候群

大人はパソコン、子どもはゲームで私たちの眼は酷使されっぱなしです。目の疲れは休めば治りますが、休んでもなかなか治らなかったり、頭痛や吐き気などの全身症状へとつながることがあります。このような頑固な目の疲れを眼精疲労と呼んでいます。
パソコンやゲームの画面を見つめていて起こるために、VDT症候群とかテクノストレス眼症ともいわれます。大切な目のために酷使はさけましょう。仕事もゲームも定期的な休息を目に与えてやってください。特に成長期の子どもは目を保護することを家族が気をつけてあげてください。睡眠不足や眼鏡、コンタクトレンズの不適合も原因となりますのでチェックしてください。



網膜剥離


   

網膜剥離

目に入った光は角膜と水晶体がピントを合わせて、網膜に像を結びます。網膜は写った像の光や色を感じて電気信号にして脳に伝え、ここで初めて「ものが見える」のです。
よくボクシングの選手が「網膜剥離で引退」というニュースを目にしますが、眼球の内側奥にある網膜がいろいろな要因ではがれてしまうことがあります。ボクシングのように強い衝撃を目に受け続けるのも原因のひとつです。一般の人も目にボールがぶつかったりして網膜剥離が起こることもあります。
60歳代以降では、加齢ともに眼球の組織事態に生理的な変化が起きて、硝子体が縮んでいき、その際に網膜剥離が起きることがあります。手術で元の位置に戻すことができますが、はがれた網膜は次第に機能が低下していくので、迅速な治療が求められます。また、剥離時に網膜が切れたり穴があくことが多いので、これもレーザー治療や手術で復元します。網膜剥離は、放置すると失明につながりかねませんが、適切な治療で視力は回復する可能性が高い病気です。定期的な検査と眼科医への相談を欠かさないようにしましょう。




 

News & Information

2009.12.1

診療時間変更しました。
受付時間(夜7時)までにお電話頂ければ、夜8時まで診療いたします。

2008.11.26

「目の病気Q&A」のページを追加しました。

診察時間

月・火・木
午前
9:30~12:30
午後
15:00~19:00
水・金
午前
9:30~12:30
午後
往診
土・日・祝
休診

水曜と金曜の午後は、往診のため外来の受付を行っておりません。

お問い合わせ

TEL.092-523-6541
FAX.092-523-6542

〒810-0014
福岡県福岡市中央区平尾2-5-8
西鉄平尾駅ビル 3階
(ラクレイス平尾ステーション)